<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑−警視庁(時事通信)

 酒に酔って駅員に暴行し、けがをさせたとして、警視庁戸塚署が傷害容疑で、共同通信社スポーツ特信部次長山川恒平容疑者(48)=東京都小平市仲町=を現行犯逮捕していたことが20日、同署への取材で分かった。同署によると、「何もやっていない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は同日午前1時ごろ、西武新宿線高田馬場駅改札内で、男性駅員(47)の頭から帽子を取ろうとして額に右手が当たり、軽傷を負わせた疑い。 

【関連ニュース】
デモ取材の共同記者がけが=タイ
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009-新聞協会
トンネルで事故、2人死亡=共同通信記者らか
毎日との提携発表「誤解与えた」=内容の一部を訂正

同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
<ミシュランガイド>東京版に横浜と鎌倉を追加 11月発刊(毎日新聞)
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-27 16:39

コンビニで戸籍謄抄本、政府IT戦略最終案(読売新聞)

 政府のIT戦略本部は22日の企画委員会で、新たな情報通信技術戦略(IT戦略)の最終案を固めた。

 5月の大型連休明けに開く同本部会合で決定する。

 最終案には〈1〉コンビニエンスストアや郵便局などに配備する「行政キヨスク端末」で戸籍謄抄本を取得可能にする〈2〉医療分野のタスクフォース(作業部会)を設置する〈3〉児童・生徒に1人1台の情報端末を整備する〈4〉選挙運動でのインターネット活用や電子投票を実現する――ことを盛り込む。

 選挙運動でのインターネット活用や電子投票については、「各党で協議して結論を出すべきだ」と慎重な意見も出たが、「基盤整備で行政が果たす役割は大きい」として、新戦略案に記載することになった。

JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社−容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
都心と成田をヘリで結ぶサービス、利用料金値下げ
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-23 02:01

「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)

 無許可でホストクラブを営業していたとして、警視庁組織犯罪対策1課などは風営法違反(無許可営業)容疑で、東京都新宿区と八王子市のホストクラブ計3店を摘発。入管難民法(不法残留など)の現行犯で、いずれも従業員の韓国籍の男計6人を逮捕、韓国籍の男32人とオーストラリア国籍の男1人を摘発した。

 同課によると、摘発された3店は主に韓国人ホステスを相手に営業していたといい、男らは「韓国より日本で働く韓国人ホステスの方が金払いがよかった」などと供述している。

 3店とも平均して月600万円前後、従業員1人当たり1日2〜3万円の売り上げがあり、従業員は自分の売り上げ分の約5割を給与として受け取っていたという。

 同課はホストクラブの経営者や店長など責任者を突き止めるため、男らを追及する方針。

【関連記事】
15歳でホステス、31歳で大学→苦難越え、異色の女性コンサル
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」
「好きだ」客の女性に売春させる 元ホストら2人逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
外国人地方参政権問題に一石

一足早く通り抜け 大阪・造幣局で特別観桜会(産経新聞)
頭部も女性会社員=DNA型が一致−福岡県警(時事通信)
竹島の不法占拠問題で「交渉経緯を報告せよ」 宗男氏が異例の指示(産経新聞)
<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-20 13:19

「県外移設」切り札徳之島 住民、町長、知事に「総スカン」(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、平野博文官房長官が、徳之島(鹿児島県)にヘリ部隊を先行移転したいとの意向を、沖縄県の仲井真弘多知事に伝えていたことが明らかになった。だが、移転される側の徳之島では反対集会が行われ、自治体の町長や知事は、明確に反対の姿勢を示している。地元からは「総スカン」で、実現はほぼ絶望的な状況だ。

 「徳之島説」が再び浮上したのは、2010年4月6日のことだ。基地の圏外移設を強く求めている仲井真知事が、4月1日に東京で平野官房長官と会談した時の様子を記者団に明かした。

■3町長がそろって「国とは会わない」

 仲井真知事の話によると、移設先として、徳之島、キャンプ・シュワブ陸上、米軍ホワイトビーチ沖埋め立ての3か所について説明されたという。3施設の優先順位については、「良く分からない」と話し、内容が固まっていないとの見方を示した。

 徳之島案は、鳩山政権の「県外移設」を印象付けるための苦肉の策だとも言える。約2600メートルある滑走路を延長して、約60機ある普天間のヘリ部隊の大部分を移設するという構想だ。民主党の牧野聖衆院議員が1月に現地入りして移設を打診したが、地元では猛半発だ。

 3月28日には島内で反対集会が行われ、4200人(主催者発表)が「基地はいらない」などと反対の声をあげ、自民党の小池百合子衆院議員も来賓として参加した。3月30日には、島内に3つある自治体の町長がそろって鹿児島県内で記者会見を開き、「国とは会わない」との姿勢を鮮明にし、「民意は反対で一致している」として、住民投票は行わない考えを明らかにした。いわば、島内では、官民が手をとって反対運動を進めているという様相だ。

■移設は、ほぼ絶望的な状況

 徳之島周辺の奄美群島の全12自治体の議会も、移設反対の決議を行ったほか、鹿児島県も、反対運動の後押しをしている。伊藤裕一郎知事は2日の定例会見で「地元の首長、議会が明確に反対している」として、

  「県民の理解を得られる状況にない。地元や県議会と足並みを揃えて反対していきたい」

と、反対の姿勢を繰り返した。

 現段階でも、依然として地元の理解を得るのは難しい状況だ。実際、地元紙の南日本新聞は、4月7日の社説で、

  「政権の焦りから徳之島に白羽の矢が立った、との見方はうがちすぎではあるまい。地元への説明がないまま、まして意向も聞かない中で徳之島移設を強行するのは順序が逆で、ごり押しとの批判は免れない」

と切り捨てている。

 鳩山首相は、基地の移設については、地元の合意なしに話を進めないことを明言している上、米国側も、地元の同意があることを協議入りの条件にしている。この調子では、徳之島への移設は、ほぼ絶望的な状況だ。


■関連記事
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否 : 2010/01/28
鳩山首相「腹案持っている」 普天間移設問題で言明 : 2010/04/01
普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立 : 2010/02/16
鳩山首相から「重大な使命」 普天間「腹案」との関係 : 2010/04/02
池袋東武に「ゆかた売場」オープン : 2010/04/05

「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)
<井上ひさしさん>9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
<鹿島市長選>無投票で樋口氏が初当選 佐賀(毎日新聞)
<ゆるキャラ>仏教界にもブーム?(毎日新聞)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-14 01:44

<訃報>中村寛之助さん81歳=元協和発酵工業社長(毎日新聞)

 中村寛之助さん81歳(なかむら・かんのすけ=元協和発酵工業<現協和発酵キリン>社長)3月31日、肺炎のため死去。葬儀は近親者で済ませた。お別れの会は5月12日午前11時半、東京都千代田区内幸町1の1の1の帝国ホテル「富士の間」。お別れの会責任者は松田譲協和発酵キリン社長。喪主は妻伊都子(いつこ)さん。

政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
<掘り出しニュース>蒲郡みかん郵便ポスト、駅や市役所に登場(毎日新聞)
「考え事していて…」和歌山線でオーバーラン(読売新聞)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
<DNA>全国13地検に長期保管用冷凍庫 法務省方針(毎日新聞)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-08 23:19

チューリップ900株無残…花博記念公園でまた(読売新聞)

 大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地で30日、花壇に植えられたチューリップ約900株が花をたたき落とされたり、茎を折られたりしているのが見つかった。

 同公園では28日にも約700株が被害にあっており、鶴見署は30日、花壇近くに監視カメラを設置し、器物損壊容疑で捜査している。

 同公園事務所によると、同日午前9時10分頃、職員が花やつぼみが散乱しているのを見つけた。花壇には足を踏み入れられた跡はなく、棒などを振り回したとみられる。29日午後6時半に職員が点検した際には異状はなく、夜間に警備員が3度巡回した際にも不審者はいなかったという。

 花壇のチューリップは全部で約2250株あったが、残りは約650株になった。

<地震>茨城・ひたちなかで震度4=午前6時18分(毎日新聞)
金づちで上司殴る!47歳不満爆発、社内で待ち伏せ背後から(スポーツ報知)
<JAYWALK>中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検(毎日新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
成田でボディースキャナー実証試験=航空テロ対策で7月にも−国交省(時事通信)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-05 21:56

小児の臓器提供 児相通告事案は見合わせ 厚労省ガイドライン(産経新聞)

 改正臓器移植法の運用について話し合う厚生労働省の検討会が30日開かれ、虐待を受けた子供からの臓器提供を防止するため、児童虐待防止法に基づく通告が児童相談所に行われたケースは移植を見合わせることで合意した。ただし、虐待がないことが判明したり、死亡と虐待の因果関係が完全に否定された場合は提供が可能という。

 臓器移植委員会に報告し、改正ガイドラインに盛り込まれる予定。

 7月施行の改正法では虐待を受けた児童からの臓器提供を禁止。虐待の有無を誰がどのように判断するかが争点となっていた。

 この日の検討会では、性的虐待など、死亡との関係が薄い虐待について議論。委員の一人は「精神的ダメージが影響して事故に繋がることもある」とし、因果関係の判断はそれぞれの医療機関が行い、虐待と死亡の因果関係が完全に否定できた場合のみ、臓器提供を認めることとした。

【関連記事】
臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査
女児が米国で腸移植へ 募金1億1千万円集まる
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」
臓器移植の親族優先提供、世界でも類を見ない制度の是非
改正臓器移植法施行 それぞれが、命考える社会に 
あれから、15年 地下鉄サリン事件

スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け−消費者庁(時事通信)
仕分け、党に協力要請=首相(時事通信)
両陛下が京都にご到着 国際内分泌学会議のオープニングセレモニーにご出席(産経新聞)
<鳩山首相>内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-04-01 02:51