夫婦別姓法案に反対=亀井金融相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、広島県尾道市で開かれた地元企業の会合であいさつし、政府が今国会に選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案を提出する予定であることについて「夫婦なのに名前が違うのがあるべき姿なのか。私は反対だ」と明言した。
 亀井氏はまた、政府が提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案にも言及し「国民新党は二つとも反対だ。民主党がいくらのぼせても、国民新党が反対する限りは(政府は)絶対に提出しない」と述べ、法案を決定する閣議で署名を求められても拒否する可能性を示唆した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

自社のベビーカーなど260点運び出す 窃盗容疑で会社員逮捕(産経新聞)
北・東日本で大雪、強風=交通に影響、警戒を−気象庁(時事通信)
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い−海保(時事通信)
将棋棋王戦、佐藤が先勝(産経新聞)
露大使館周辺で街宣活動 男らを現行犯逮捕(産経新聞)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-02-12 00:26
<< <ニュース1週間>朝青龍が暴行... <クレーン車>バスに追突、アー... >>