拉致支援法案、衆院委で可決(時事通信)

 衆院拉致問題特別委員会は16日午後、北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案を全会一致で可決した。週内にも衆院を通過する見通し。
 日本永住を決めた拉致被害者は同法に基づき、2005年4月から給付金の支給を受けているが、今年3月に支給が打ち切られるため、被害者らが延長を求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、精神不安定?〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜
米国務次官補が訪日中止=「タイ混乱で取りやめ」と説明

小林千議員の進退、自身で判断することと首相(読売新聞)
消火器で消せなかった…札幌火災で当直職員(読売新聞)
<道アイヌ協会>不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道(毎日新聞)
裁判員裁判は“損”? 手続き多く勾留が長期化(産経新聞)
電子足輪も効果なし、性犯罪防止に有効策はあるか(上)
[PR]
by efh9tj2znj | 2010-03-19 14:12
<< 世界の富豪 「グリー」の田中社... <ケニア人元留学生>在留特別許... >>